タッチラグビーの生い立ち

 

 現在日本では、「タッチ」のことを「タッチラグビー」と呼んでおります。タッチという名ではイメージが浮かばず、ラグビーに類似しているところからタッチラグビーと呼んでいるのです。

 発祥の地オーストラリア等ではTOUCH(タッチ)と呼ばれており、小学校の体育の教科になっております。

 ご存じの通りオーストラリア、ニュージーランドはラグビー強豪国です。タッチはラグビーのウォーミングアップ、夏期練習のために始まったと言われております。楕円形のボール(ラグビーボールより一回り小さい)をパスしながら敵のタッチ(接触)を避けてゴールへ向かい、インゴール内にグラウディング(ボールを置くこと・ラグビーでのトライ) し点数を競う球技スポーツです。

 

 日本では、1988年6月に私たち『早稲田タッチラグビークラブ』(埼玉県所沢市)が創設されたのが最初で、2014年度で総数は100チームになろうとしております。また、1995年には、第3回ワールドカップ(ハワイ)に初参加し、11月には日本で、オーストラリア、イングランド、日本との3カ国対抗 も開催され、96年全国大会にはフィジークラブチーム、98年にはノースキャンベラ代表チーム(豪)を招待し交流を図るとともにレベルアップを行っています。

 2003年にはワールドカップが日本(熊谷)で開催されました。この時男女混成クラスが銅メダルを獲得しています。

 2015年はオーストラリアコフスハーバーで4月29日~5月3日に開催されま。

 

タッチの特性

タッチラグビーはスクラム,タックル、キック等のない、ラグビーに類似した球技スポーツです。ゲームはわずかな身体接触(タッチ)のみで、身体の大きい小さい等のハンディキャップがなく、ボール一つあれば手軽にでき、組合せによっては小学校低学年とお母さん、中学生とお父さんなどのゲームができ家族で楽しめるスポーツです。

 

ゲームについて

試合は、原則としてクラス別に行い、クラスは下記の通りです。

  クラス      選手資格

  メンズ      男  性

  ウィメンズ   女  性

  ミックス     プレーヤーとして常時女性3名

  マスターズ30歳以上 35歳以上 40歳以上 50歳以上

  ジュニア     小学生、中学生

  日本では 競技としての エキサイトクラス 運動することや楽しみを重視した

  エンジョイクラス そのた大会の規模に応じて ジュニアクラスやマスターズクラスを開催しています。

登録選手は12名で、プレイヤーは6名、リザーブ6名です。

選手の交代は随時自由にできますが選手がコートの外へ出て、交代選手がプレ-に参加します。常にプレイヤ-は6名ということです。

正式なコートは左記のようになりす。

タッチライン、マーカー(印)はアウトフィールド。 

ゴールラインは、インゴールとなります。

コートが狭い場合は、プレイヤーを5人にして楽しむこともできます。

ボールはラグビーボールと同じく楕円形で、長さ28cm以内、周囲56cm、重さ380gにできるだけ近いものと

する。素材は滑りにくく,泥がつかない合成ゴムが望ましい。

ユニホームは、原則として背番号つきの白色以外のウエアー、ショートパンツ(何色でも可)およびソックスとする。

シューズは、靴底がゴム類で安全なものでなければならない。ポイント(ゴム製)は高さが1.0cm未満でなければならない。(ラグビー、サッカー等のシューズは不可)

 

ゲーム開始と再開

 

開始にあたりレフリーによるシューズ及びメンバー表(ユニホーム・背番号)のチェックを受け、両チームの主将

がトスを行い、勝った方がボール(攻撃権)と陣地両方を決める。

試合時間については,前後半25分でハーフタイム5分である。現在日本では25分1本のみのローカル・

ルールで行っています。得点後のチェンジコートはありません。

開始は、レフリーのホイッスルで始まり、攻撃権を持ったチームがセンターポイントでタップ(地面に置いた

ボールを足ではじく)を行う。得点後は、得点をされたチームがセンターポイントでタップをして再開する。

前後半のあるゲームを行う場合、後半はサイドを代えて前半の開始時にタップを行わなかったチームの

タップによりゲ ームを開始する。

 

ゲームの進め方

 

◎試合はグランド中央で、攻撃側のタップにより開始される。

◎攻撃側は、反則がない限り6回タッチされるまでプレーを続行できる。タッチされた後の攻撃はロールボールで再

  開する。ただし、タッチされた地点より前方でロールボールした場合は、相手チームのタップとなる。

  (オフザマーク)

◎ボールが地面に落ちた場合は攻撃権が変わる。

 ゲームは、ボールが落ちた地点からロールボールで再開する。(ボールtoグランド)

◎タッチされた後にパスをした場合は、攻撃権が変わる。

 ゲームは、パスした地点からタップで再開する。(タッチ&パス)

◎前方にパスをした場合は、攻撃権が変わる。

 ゲームは、パスした地点からタップで再開する。(フォワードパス)

◎ボールおよびボールを持ったプレーヤーが、タッチラインに触れるかまたは越えた場合は、攻撃権が替わる。

  ゲームは、タッチラインから内側5mの地点でロールボールで再開する。(ラインタッチ)

◎通常タッチした側のプレーヤーは、タッチした位置から直ちに5m下がらなければならない。

 なお、5m下がり終える前にタッチおよび下がるコースを変えた場合は、攻撃権が替わる。

 ゲームは、パスした地点からタップで再開する。(オフサイド)

◎ロールボール後、攻撃側のアクティングハーフがボールに触れた瞬間から、防御側は前へ進んでもよい。

 しかし、アクティングハーフが不在の場合はその限りではない。ボールが1m以上転がった場合は、攻撃権が替わ

 る。 ゲームは、ロールボールした地点からロールボールで再開する。(ノット1メートル)

◎ロールボール後、最初にボールを持ったプレーヤー(アクティングハーフ)は直接得点することが出来ない。

◎攻撃側は6回タッチされると攻撃権を失い攻守交代する。(チェンジオーバー)

◎タッチされた場合は、攻撃権が替わり、タッチされた地点からロールボールで再開する。(ダミーハーフ)

◎タッチは、最小の力で行わなければならない。ボールをたたき落とすタッチ、激しいタッチ、悪意のタッチは

 ペナルティ(タップで再開)もしくはシンビン(一定時間の退場)および退場となる。

◎自陣のインゴールでタッチが行われた場合は、攻撃権はそのままで5mライン上でのロールボールと

 なる。

◎得点は1タッチダウン1点とし、得点の多いチームを勝者とする。同点の場合は、引分、抽選、サドンデス

 の延長戦(先に得点したチームが勝者)、いずれかを行う。

◎タッチと同時にタッチダウンした場合は、タッチとする。

◎タップで始まる場合、防御側は10m後退しなければならない。ペナルティは全てタップで開始される。

◎ノーサイド(試合終了)のホイッスル後お互いに握手をして終える。

©早稲田タッチラグビークラブ 公式ホームページ